こんなん堂ECサイト
豊田佐吉翁生誕150年記念
結構使えるキーワード検索

カテゴリ一覧

すすむ道 使い方 yahooバナー
かんたん相互リンク集
Net Office Nakai

全て > サービス・技術・設備 > 新サービス
全て > 公共・政治 > 環境

成長戦略は「もったいない」を克服する新事業




投稿者:こんなん堂 投稿日:2017/03/16 11:51 編集 削除 0

アベノミクスの「3本の矢」で大胆な金融政策はされましたけど結局なんだかな?って感じだし、肝心の「民間投資を喚起する成長戦略」がはっきりしません。政府が「これでいくぜー」って大きな声をあげてくれなきゃ民間は「大丈夫かな?」って思います。 本当は「原発なんか止めてエネルギー分野の技術で日本は生きていきます」って言ってくれれば大きく変わりそうだし、民間もがんばろーってなると思うのですけどね。

成長戦略として「もったいない」を克服する新事業が有効だと思います。お金をそこそこ持っている年配の方の中には「もったいない」っていう考えがあって物を捨てられない、だから新しいものを買えない人も多いと思います。 だからモノもお金も動かない。 逆に「モッタイナイ」を克服できれば、物もお金も動き出して経済が回るという考え方です。外国ではどうか分らないですけれど日本では有効な成長戦略になると思う。

「モッタイナイ」の克服 これは古くなったものを気持ち良く再利用できるようなシステムが胆になります。「もったいない」と思う人は自分では使いそうも無い物も処分ができないのです。でも、誰かが使ってくれるならあげたいと思う人が多い。そして新しいものを買うことができる。

どうすれば確実にリサイクルされるか? 現在ではだいぶリサイクルもされていますが、有効に再利用されず埋め立てしまうものも多いようです。不法投棄も無くなりません。

全ての商品についてリサイクルを義務付け、しかも商品の価格にリサイクル費用を乗せて販売して商品の回収時に費用が掛からないようにしなければいけません。

あとは それを商品ごとにどうするかです。